--親業いろは邑とは?--

アメリカのゴードン博士が考案した「親業」を広く社会に広げ、浸透させることを主な目的とした団体です。
また、団体名にある「いろは」はものごとの基本を大切にしようという意味をこめて、古くから伝わる、言葉の始まりの「いろは」をとり、命名しています。
中でも、自分を愛すること、お互いを尊重しあうこと、自然と人が調和しあうことを大事にしています。
そして、これらの思いが人々をつなげ、巴のように巡らせ「邑」を築くことを願って活動をしています。


現在の活動内容
・親業訓練講座の開講、普及
・親業訓練インストラクターの講演会やセミナーや座談会の企画、運営
・外部講師を招いての講演会やシンポジウムや勉強会の企画、運営
・自然体験の実施
・親が自分の得意分野を活かして、子育てのサポートをし合う支援


子どもたちの未来社会が、人々が自分らしく生きる幸せを実感できる平和な社会であることを目指して日々の活動をていきます。
「親業いろは邑」の活動は、先行きに不安を感じる混沌とした現代社会に希望を持つ勇気の源になる愛を広げるものであると信じています。



<